年賀状の書き方はマナー違反にならないように気をつけましょう

年賀状には守るべきマナーがたくさんあります。

目次

既製品の年賀状を選ぶときに気をつけること

目上の方には、四文字熟語が基本です。

  • 謹賀新年
  • 恭賀新年
  • 謹賀新春

などが印刷されているものを選びましょう。

逆に、目上の方への年賀状に一文字・二文字の祝言葉は失礼になります。

何人に出すか決まっておらず、目上の方にも出すとわかっている場合は、「賀正」「賀春」「迎春」「寿」などは避けるといいでしょう。

年賀状は忌み言葉をさける

めでたい場面で使ってはいけないのが「忌み言葉」。

忌み言葉は縁起が悪いため好まれません。

年賀状ではタブーの言葉を確認しておきましょう。

忌み言葉とは?

去、切、終、死、血、無、魔、戻、帰、別、悪・戻・朽・破・崩

などの、不吉な言葉のことです。

年賀状においては、手書きのコメントを書く時に気をつける必要があります。

年はお世話になりました」→「昨年はお世話になりました」

理しないでね」→「お大事にね」

等、言い換える必要があります。

年賀状は句読点を使わない

読点とは「、」

句点とは「。」

ですが、年賀状ではどちらも使ってはいけません。

文章が切れることは、終わりを表す、縁が切れるとされますので、点と丸は使わないようにしましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

どこにでもいるふつうの主婦です。

コメント

コメントする

目次
閉じる